おかずはいつつ、ココロはひとつ。

六十代陽気なあかんたれ、観たり読んだり食べたり作ったり。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# しからば、次へ。
FullSizeRender.jpg
先日の大東おやこ劇場臨時総会で、存続が決まったものの、「このあとは、どうする?」は来月の臨時運営委員会まで、宙ぶらりん。

臨時運営委員会5人のうちの3人が閉会を支持したことは、
大きな課題が残されていることに他ならない。

若い世代に繋いでいくことは困難なのか?

ただ、たくさんの出席者から、「何を手伝いましょう?」と声がかかる。

今までは、いやいや大変だからと、なんとか運営サイドでやろうと頑張ってたことも、
少し甘えん坊になって、不要になった冊子や伝票の廃棄をお願いしたり。

少しずつでも前へと事務所の整理からはじめている。

でもどこかで、悶々と「取捨判別できるのが、ワタシだけって変よなぁ」と思う。

で!“楽しいワクワクとハラハラのもろばの剣の最高峰” 「大高交」 の見守りのお手伝いに行くことにした。

ダメ元で、割と強引に(笑)高2のチョコまんちゃんにお誘いを。

ちょっと考えて、「行こう!」と言ってくれたから、きゃ〜うれし!と書類持っていったら、
すげぇお姉さんになっており、うるうるってなったょ。

中2の妹ちゃんも来年行けるね!と笑っている。

昨日は事務所の大家さんのお葬式。

94歳とはいえ本当にお元気だったので、今月末に一度「存続になったから、引き続きお願いします。」とご挨拶に伺うつもりだったのに、残念で。
戦争中のお話や、昔昔の大東の景色や様子を話していただくと、絵が浮かぶような語り口がステキだった。

今月は生き死ににかかわること(劇場もふくめてね 笑)がたくさんあった。

でも、やっぱり次を考えていかないと…。と思いません?

いただいた命 全うしましょうぞ!


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:29 | category: おやこ劇場 |
# 臨時総会です。
IMG_5497.JPG

何かが変わるのかしら?
このまま、予定通り閉会まっしぐらになるのかしら?

たくさんの会員の皆さんからの声が事務所に寄せられています。

会員数減少が今回の論議の直接原因ではありません。

これからの行く末を展望することが難しい。ということが発端です。

劇場のあり方、運営の方法に大きな疑問が投げかけられているのかもしれない。

それでも文化は民が守るべきものでは?と考えています。

来る3月13日(日)大東市民会館第4会議室で
大東おやこ劇場の臨時総会です。

多分、今の臨時運営委員会体制では、大きな提案として閉会か否かを皆さんに問いかけながら、率直な思いをお聞きすることこそが一番大事な論点か?と。

もし閉会という選択が決定しても今回は臨時総会です。

大東おやこ劇場の一年間は「2016年8月31日まで」です。

何もできないけれど残してほしいとおっしゃっていただいている、大人会員がたくさんいらっしゃいます。

でも、大人ばかりではおやこ劇場のあり方としては矛盾が生じます。

たくさんの子どもとたくさんの大人が、自分たちの劇場だと心から思える劇場にはなれなかったのか?

会費を払い、作品に触れる。
そのことだけが劇場のすべてではないはず。

異年齢集団の形成、大人同士の地域を越えた交流。
時間にとらわれないゆっくりした時間。
そんな自主活動も大切です。

今回の総会は、採決をするのか?そこからはじめないと会員総意に至らないのではないのでしょうか?

たくさんの出席をお待ちしています。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:18 | category: おやこ劇場 |
# あたたかな日差し
IMG_5480.JPG
2月4日第一回大阪府おやこ劇場連絡会代表者会議が行われた。

閉会を議論中の大東おやこ劇場の代表者として、座るだけじゃなく、大阪府おやこ劇場連絡会の運営委員としても座る。
なんだかとても居心地悪くて、どこかでドギマギしていた、ワタシである。
午前中の交流会も、
タイトルが「おやこ劇場ってなんですか?と聞かれたら何と答えていますか?」やし。
身につまされた。

こんな風に大阪府のたくさんの劇場が集まる機会に、大東からはほとんどワタシ1人で参加。

交流会や講演会、作品説明会、京阪5劇場の集まり。

あちこちの例会の下見。

少しずつ、沢山の人とつながってきた。

そもそも子ども達の未来や、形のあるようでない文化の重要性を、伝えるすべをワタシは知らない。

ただ、どんな時も楽しもう!と思ってきた。

誰も何も間違っていない。

ちょっと、心に余裕がなかったなぁ。

あまり多くは残されていない時間をどんなふうに過ごしたらいいか?
おっきな宿題もらった感じ。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:01 | category: おやこ劇場 |
# 12月になった。
FullSizeRender.jpg
なんだか、無駄に日々を過ごしている。

これからを考えないと!
が、あかんのか?と、じっと忍んで過ごす時間がもったいなくて。

せやから、ワタシが決めることじゃないねん。

みんなで決めな意味がないねん。


わかります。よくわかります。
けど…。

先月は、懐かしい人達にたくさん逢えて、しんみり。
あの、華やかで賑やかで元気いっぱいの、楽しい日々を知ってるだけになぁ。
とため息まじりな、ワタシ達。

20年前ワイワイと、わからないながら、いろんな先輩の話を聞き、もっともっと前へ!
と、笑顔でつき進んでいた、ワタシ達も、気がつけば初老。

手話の勉強も、お習字も始めた。


何もできない自分がもどかしい。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:59 | category: おやこ劇場 |
# 迷子になった。
FullSizeRender.jpg
総会が終わって10日以上たつ。

  あれから…1年に数えるほどしかなかった偏頭痛の発作が頻発している。

極度の緊張が解けたときに、発作が起きることが多いので、
   仕事やスケジュールに支障をきたすことはほとんどない持病。

次のニュースも出さなくては…。
師匠にアンケートの原本をお送りしなくては…。
総会の総括を自分の中でまとめなくては…。
11月の友達のお誘いに返事をしなくては…。
同窓会のまとめとデータを整理しなくては…。
作品説明会のまとめをしなくては…。
フクシマ発の感想をまとめなくては…。

こんなにせなあかんことが目白押しなのに。

ルーティンワーク(本業・家事・行政の動員)はなんとかこなすけど。


もうしばらく、励まさないで。
ぐずぐずさせて。
うじうじ、めそめそさせて。

これもワタシ。

さよならを言う前にすることいっぱいあるでしょう。
できることもいっぱいあるでしょう。

でもね、もう少しじっとさせておいてください。

ワタシ1人の大東おやこ劇場じゃないのだから…。

対外的なご迷惑はかけないようにしたいけど。

〜ワタシはいっぱい考えたい。

打開策もあるかもしれないじゃないの?

何かできることがあるはずじゃないの?

          って、もうしばらくは言わないで。


迷子になって立ちつくしている。


ワタシは決して元気な頑張り屋さんではない。

ワタシの思いを 重い、重いと言わないで。(体重は重い、マチガイナイ)

いつも正直に生きているだけ。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:35 | category: おやこ劇場 |
# 松也師匠と一緒に
IMG_4906.JPG
本日、例会。
うるさくしても、泣いても、走り回っても、大丈夫平気ですよ。子どもたちに聴いてほしい!が一番ですよ。の言葉に支えられての実現でした。
相変わらず大東の例会はばたばた、わらわら。

三味線の音。ええ声。
0歳のベビーから70歳までの参加。
他劇場からもたくさんの下見。

去年の企画アンケートに選んでくれた会員のチョイスがなければ、出会えてなかった。
アンケートは大切だ。

今日も、私はみんなの真ん中のいい席で聴いてたのは、一番楽しまなくちゃならないのは、運営する人たちです。とおっしゃったふじたあさやさんの言葉を忘れないから。

これでいいと思いたい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:54 | category: おやこ劇場 |
# 疲れを癒す
FullSizeRender.jpg
明日は例会。
待ちに待った例会。
松也師匠の三味線の音とええ声に元気を貰おう。
1時15分から、アクロス4階特別会議室で。
創作浄瑠璃
演目は桃太郎と泣いた赤鬼

いろいろ思うことがたくさんあるが、今は明日を楽しみに。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:47 | category: おやこ劇場 |
# 夢叶う例会
FullSizeRender.jpg
おっしょさんに来て頂けることになった。
実現するまで、一年はかかるかな?と長〜い目でみてください。と、お願いしてはいたけど、何度かチャンスを逃しつつ、タイミングはかっていた作品。

ええよ〜。
聞かなわからへんで。
ちぃさい子でも、ベビーでも、やんちゃぼうずでも、お転婆むすめでも、大丈夫!と広い心で受け止めていただきます。
万障繰り合わせてご参加を!

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:12 | category: おやこ劇場 |
# 産みの苦しみ
FullSizeRender.jpg
やっとできた〜ニュース。
チケットは羽織と三味線のデザインで。
まだまだ、8月末の財政決算もままならず。
総会資料も、まだ報告の部分のタタキだけ。
誰か助けて!って、何をどんな風に助けてもらえる?どこなら、助けてもらえる?
誰にどの部分を助けてもらう?
考える時間が惜しい。
誰かと力を合わせてしてきたことなら、説明もしやすいけど、自分の段取りで一人でしてきたことなのと、パソコン使える人が運営委員にワタシ以外いないこと。
ワタシが筋金入りのいらちだということ。があかんとこやねん。
ひたすら時間がほしい、頭の中を即反映するソフトがあれば…。

このニュースも夜中に作った記事は、目も当てられない。
でも、例会2週間前にはチケット配布しないと時間がない。
いつになったら、思ったようなニュースができるのだろう。
府連や京阪の拠点会議の報告だけでも誰かにしてほしい〜のは贅沢?

疲れ果てた感 大。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:00 | category: おやこ劇場 |
# 絶対観なあかん!と思う。
FullSizeRender.jpg
今度の日曜日
8月30日午後2時〜、午後5時半〜の2ステージ
枚方市立老人福祉センター楽寿荘・・・京阪光善寺駅から東へ5分、

小学生以上1人1500円

京阪5劇場で地域小公演として、取組む作品。
小学校一年生から、参加できる。
あれから、4年半たち薄らいでいる記憶やあの衝撃。

風の子東北の役者じゃない、制作担当者の澤田さんが喜多方にとどまり作り続けている作品。

一年生にはむつかしい?
いやいや大人にだってむつかしい?

そんなことはない。

東日本大震災で地震と津波と原発事故の三重の苦しみに向き合って生きる人々の今を、ON  timeで伝える作品

3年半後のフクシマを知らなくても生きていけるよ。
でも、本当は知らなくてはいけないことだと思う。

失われた時間や土地、未来を担う子供たちを待ちうける社会は?

この夏、起きたいろいろな出来事を通しても、何かがつながっている。

みんなで向き合って、みんなで話し合いたい。

誰でも参加できるように地域公演として取り組むことになったのは、ぜひぜひ親子でみてもらいたいから。

大切なものは何?  いのち だと思う。





 
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:17 | category: おやこ劇場 |
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
カウンター
ツイッターはじめました
yasaihassakuをフォローしましょう
Search this site
Sponsored Links